わたしからあなたへ~学校司書のよろず日記~

日々の事、本の紹介や学校図書館にまつわる事など、よろずの事を綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「活字の林をさまよい 思考の泉のほとりにたたずむ」椋鳩十記念館@鹿児島

SLA九州大会終了後、椋鳩十さんが昭和22年から19年間館長を務めておられた鹿児島県立図書館をあとにして、姶良市加治木町まで足を延ばしました。
動物の生態を正確に描き、人間と動物が共存することの大切さを訴える椋鳩十さんの動物文学が生まれた場所が加治木町です。
その縁で、平成2年に加治木町の文化施設として「椋鳩十記念館」は開館しました。

20150808160509c2f.jpg



椋鳩十さんの本名は久保田彦穂(くぼたひこほ)。
日本神話の「海幸山幸」の山幸彦「ヒコホホデノミコト」にあやかって付けられたそうです。
長野県に生まれた彼は、法政大学卒業後、ジャック・ロンドンの「南洋物語」に魅せられ南洋に行くつもりが、義父に反対され断念。当時鹿児島にいたお姉さん(県立病院の眼科医)の世話で中種子高等小学校の代用教員を3ヶ月勤めた後、加治木高等女学校の国語教師となり、以来鹿児島に永住。
昭和62年82歳で亡くなるまで、教育者、図書館人、作家として、3つの顔を持ち活躍されました。
201508081606147a7.jpg

20150808160621828.jpg

2015080816063072f.jpg

201508081605013c3.jpg

20150808160632f49.jpg


記念館は松林の中に建ち、「自由の館」(児童図書5,000冊所蔵)とよばれる別館が併設され、受付で申し込めば自由に読書を楽しむことができます。庭園には来館者を歓迎するように、椋作品の物語に登場する動物たちの石像が佇んでいます。

201508081605037c5.jpg

2015080816050527c.jpg

201508081606153ab.jpg



館内では、椋さんの生い立ちがパネルで詳しく紹介され、執筆原稿、取材手帳の写し、関連図書などを手に取ってみることができます。希望すれば、生い立ちビデオ(10分程度)をマルチスクリーンで観ることもできます。作品アニメを視聴できるコーナーもありました。
生前執筆に取り組んだ書斎がそのまま復元されており、当時の様子を窺うことができました。


鹿児島県立図書館館長時代に提唱された「母と子の20分間読書」運動は「親子20分間読書」運動へと発展し、鹿児島から全国へと広がっていきました。今回来館して、椋鳩十さんが強い信念のもと、半世紀以上前に始めた読書活動の推進運動を絶やしてはいけないと強く感じました。

親でなくても、子どものそばに寄り添う大人が一緒に物語や科学の本を共有し、つながりを持つことが子どもの成長を助けることになるのではないでしょうか。


いただいた資料から椋鳩十さんの作品を紹介します。
(300を超える動物物語の中から代表作を動物の種類別に分類)
♡名犬編
「犬塚」「名犬 佐々木さんの話」「アルプスの猛犬」「太郎とクマ」「マヤの一生」

♡愛犬編
「犬太郎物語」「熊野犬」「愛犬カヤ」「遠山犬トラ」「トラの最後」「犬よぶ口笛」「弱い犬」「くろのひみつ」

♡野犬編
「王者の座」「消えた野犬」「野犬ハヤの死」「丘の野犬」「野犬の群」「草むらの目」「ずるい野犬」「白い野犬」

♡イノシシ編
「山の民のイノシシ」「カガミジジ」「栗野岳の主」「イノシシの谷」「イノシシの女王」

♡ネコ編
「のらネココマ子」「ネコ物語」「屋根裏のネコ」「ヤマネコ(佐々木さんの話)」「モモちゃんとあかね」

♡キツネ編
「金色の足あと」「ヤタギツネの親子」「赤い足あと」「赤ギツネ青ギツネ」「キツネ罠」「はらぺこ子ギツネ」「キツネものがたり」「ちょこまかギツネ鳴きギツネ」「ゆきこんこんきつねこんこん」「きつねをかんげきさせたまんじゅうや」」

♡クマ編
「クマの親子」「あばれグマ金こぶ」「月の輪グマ」

♡サル編
「子ザルひよし」「チビザル兄弟」「山へ帰る・サル異変」「山のいかり」「朝焼けの山」「野猿の島」「いだずらサル」「サルの島」「オリの中のサル」「野生の叫び声」「わがまま子ざる」

♡シカ編
「片耳の大シカ」「山のえらぶつ」「森の中のシカ」「子ジカほしたろう」「島のシカたち」「底なし谷のカモシカ」「たたかうカモシカ」「森の住人」

♡小動物編
「金色の川」「暗い土の中でおこなわれたこと」「アマミノクロウサギ」「クマバチそうどう」「ふるす」「三本足のイタチ」「三千院のアナグマ」

♡野鳥編
「二人の兄弟とゴイサギ」「アルプスのキジ」「キジとヤマバト」「大造じいさんとガン」「ああタカよ」「カイツブリばんざい」「ひなよ ごめんね」「ツル帰る」「最後のワシ」

♡小鳥編
「銀色の巣」「新しいふるさと」「白いオウム」「片足の母スズメ」「ああ公」「父とシジュウカラ」「羽のある友」「あらしをこえて」「ニワトリ通信」

椋鳩十さんは、動物文学以外にも多くの児童文学作品を残しておられます。興味のある方はぜひ足をお運びください。
庭園で緑陰読書を楽しむのもいいかもしれません...。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
訪問ありがとうございます。学校図書館や学校司書のことを多くの方に知ってほしいと思います。
追記
教科書に掲載されている作品をはじめ小学校の学校図書館で所蔵している程度は読んでいましたが、椋鳩十さんの著作がこれほどたくさんあることを、今回の訪問で知りました。動物に対する深い愛情と鋭い観察眼が椋鳩十作品の源であり、あの細やかな描写から読者は強いメッセージを受け取ることができます。
どれも胸を打つ作品ばかりですが、わたしは「マヤの一生」が好きです。犬好きというのもありますが、動物文学であり戦争文学であるこの作品から多くのことを学び心を揺さぶられました。毎年この時期に手に取り読み返しています。
スポンサーサイト
*CommentList

地区高校SLA生徒図書委員合同研修会

二日間におよぶ図書委員の研修会。(以前は宿泊研修でした)

他校の図書委員と共に委員会活動に関する研修を行い、今後の活動に役立てることを目的に毎年開催されています。

参加者
1日目教諭(53名)、司書(40名)、生徒(178名)
2日目教諭(52名)、司書(40名)、生徒(176名)
参加学校数は47校
(*当日配布資料より)

日程
1日目
9:20~10:00 受付、出品作品準備(事前課題:図書館をPRするポスター制作)
10:00~12:00 開会行事、オリエンテーション
10:30~12:00 講演 「猫と本のおはなし」 山根明弘氏
12:00~13:10 出品作品投票、昼食
13:35~14:00 交流会準備・移動
14:10~14:25 移動・読書会準備
14:25~16:00読書会
第1読書会 マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女
第2読書会 鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
第3読書会 神様のカルテ (小学館文庫)
第4読書会 ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
第5読書会 本屋さんのダイアナ
第6読書会 レインツリーの国
16:00~16:10 諸連絡、解散
16:10~16:40 片付け、2日目打ち合わせ、投票集計


2日目
9:20~9:40 受付
9:40~9:50 諸連絡
9:50~10:00 移動、分科会準備
10:00~12:00 分科会
第1分科会(討議)原作と映像化、二次創作化された作品について
第2分科会(討議)読まない生徒に、どうしたら本に興味を持ってもらえるか
第3分科会(演習)ブックカバー・しおり作成
第4分科会(演習)POP作成(外部講師)
第5分科会(演習)消しゴムはんこ作り(外部講師)
第6分科会(演習)物語スコーレ(外部講師)
12:00~12:40 昼食、移動
12:40~14:00 係別反省会、係毎写真撮影、感想文及びアンケート記入、移動
14:00~15:10 全体発表会、閉会式
15:10~15:40 解散、最終片付け

研修会は地区SLA事務局校が中心となり生徒主体で開催します。
(生徒主体→これがなかなか難しい)
準備、運営、発表、記録集の作成など様々な係は、参加校が分担します。
今年はSLA加盟61校のうち47校が参加しての研修会になりました。
はじめは緊張していた生徒たちは交流会で気持ちがほぐれ、読書会で一冊の本を深く読み取ることができたようです。
また、図書館に生徒を呼び込むための議論を交わし、POPやブックカバー作成のためのスキルを身につけた者もいたようです。
生徒たちが全大会で発表したように、研修で得たことを各校の委員会活動に活かし、図書館を盛り上げてくれることを願います。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
訪問ありがとうございます。学校図書館や学校司書のことを多くの方に知ってほしいと思います。

マンガと戦争展@京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムで開催されている「マンガと戦争展」に行ってきました。

201507300109260aa.jpg

2015073001132759a.jpg


20150730010931b69.jpg



国内初のマンガ文化の総合的拠点として、2006年11月に開館した京都国際マンガミュージアムには、現代の国内マンガ本を中心に、明治期以降のマンガ関連歴史資料、世界各国の著名マンガ本、雑誌、アニメーション関連資料等を世界最大規模の約30万点(2011年現在)収蔵しています。

マンガミュージアムが所蔵するマンガ資料のうち、1970年代から現在(2005年)まで発行されたものを中心とするマンガ単行本約5万冊が、館内の壁中に広がる全長200メートルの「マンガの壁」に配架されています。

開館前からできた列には外国の方が多く、日本のマンガが世界を席巻しているということを実感しました。館内で高校生らしき男子三人組のそばを通り過ぎたとき、「オーマイガー!」と叫んでいました。
振り返ると彼らはマンガの壁の中から一冊を手に取り、楽しそうにしていました。何が「オーマイガー!」なのか知りたかったのですが、先を急いでいたので確認することはできませんでした。(残念!)


20150803172616b7c.jpg



今年は太平洋戦争終戦から70年にあたります。
戦後文化として発展した「マンガ」は、これまで様々な「戦争」を描いてきました。
それらの作品を読み解くことで、わたしたちが「戦争」に対してどのように向かい合ってきたか、そして、これからどのように向かい合っていくべきかを考えてほしいという願いが、本展には込められています。

この展示では戦争マンガを「6つの視点と3人の原画から」というテーマで紹介しています。
6つの視点をそれぞれ4つの象限に分け、戦争マンガの中から24作品をパネルと関連資料で紹介するという、面白い手法を用いています。
同じ視点でも様々なベクトルを持った作品が作られてきたことを示すことで、マンガにおいて、「戦争」を考える視点が多様であったことを知ってもらうためだそうです。

6つの視点
①「原爆」
 中沢啓治「はだしのゲン」
 辰巳ヨシヒロ「地獄」
 西岡由香「夏の残像」
 こうの史代「夕凪の街」

②「特攻」
 花村えい子「君死に給うことなかれ」
 里中満智子「積乱雲」
 松本零士「音速雷撃退」
 本宮ひろ志「ゼロの白鷹」
 
③「満州」
 村上もとか「フインチ再見!」
 安彦良和「虹色のトロツキー」
 ちばてつや「家路1945~2003」
 田河水泡「のらくろ探検隊」
 
④「沖縄」
 今日マチ子「cocoon」
 新里堅進「沖縄決戦」
 ほしさぶろう「ひめゆりたちの沖縄戦」
 三枝義浩「祖国への進撃軍

⑤「戦中派の声」
 手塚治虫「紙の砦」
 水木しげる「総員玉砕せよ!」
 石ノ森章太郎「くだんのはは」
 前谷惟光「ロボット三等兵」

⑥「マンガの役割」
 菊池英一「日本史まんが年表」
 水谷青吾、葉剣英「劇画太平洋戦争 神風特別攻撃隊」
 百田直樹、須本壮一「永遠の0」・ほしさぶろう「ひめゆりたちの沖縄戦」
 小林よしのり「戦争論」

図挿入用 (3)

テーマごとに分類し、さらにそのテーマの中でグルーピングするという手法は大変わかりやすく面白い展示法でした。
ぜひ図書館でも試してみたいと思います!



3人の原画
 現代の視点で表現された「戦争マンガ」を発表している3人の作家の作品原画

①おくざわゆき「凍りの掌」「あとかたの街」
②今日マチ子「cocoon」「いちご戦争」
③こうの史代「桜の国」「このせかいの片隅に」

3人の原画は優しい線の中に力強いエネルギーを感じさせるものでした。



マンガが苦手なわたしは、「はだしのゲン」と「いちご戦争」しか読んだことがありませんでした。
これほど多くの戦争マンガがあり、表現者たちが発信していたということを知り、驚くとともに恥ずかしくなりました。

わたしたちはこれまでのことを正しく知り、これからのことを考えていかなければなりません。そのためのきっかけになるような展示会でした。



明日8月6日は広島原爆の日。
広島平和記念公園で『広島市原爆死没者慰霊式並びに平和記念式』が行なわれます。今年は過去最多の100カ国と欧州連合(EU)代表部が参列するそうです。

式典では核兵器廃絶と恒久平和実現の願いが込められた広島市長の平和宣言が世界各国に発信されます。
静かに耳を傾けたいと思います...。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
訪問ありがとうございます。学校図書館や学校司書のことを多くの方に知ってほしいと思います。

全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会@国立国会図書館 関西館 その2「レファレンス協同データベース」

焼けつくような陽ざしの中で、涼しげに佇む国立国会図書館関西館。

20150730004319d26.jpg

「れはっち」でお馴染みの「レファ協」についての研修でした。

日常業務での検索・閲覧でお世話になっています。

レファ協データベース事業とは、事業に参加している図書館等が日々行っているレファレンスの記録や情報の調べ方などを登録し、インターネットを通じてデータベースとして提供する取り組みです。
図書館におけるサービスの向上に役立てるとともに、利用者の調査研究活動を支援することを目的としています。

事業への参加及びデータベースの検索・閲覧は無償。
日常生活でふと感じた疑問からビジネスや調査研究に関する専門的なものまで、幅広いデータを利用することができます。

平成27年7月7日現在の参加館は666館。
内訳はこちら↓
・公共図書館401館
・大学図書館175館
・学校図書館18館
国立国会図書館12館(支部図書館を含む)
・専門図書館54館
・アーカイブズ機関6館

レファ協事業の参加館になるメリット
1.全国の図書館の事例が見られる
データの種類
①レファレンス事例(参加館で行われたレファレンスサービスの記録)
②調べ方マニュアル(特定のテーマやトピックに関する情報源の探し方)
③特別コレクション(個人文庫などのコレクション情報)
④参加館プロファイル(参加館の連絡先やサービス内容)

2.自己研鑽や研修に使える
質問と回答だけでなく、どんなふうに調べたかも入力されている
レファレンスの研修や授業の演習など様々な場面に利用できる研修環境がある

3.自館用のデータベースとして活用
公開範囲を自館のみにしてレファレンス情報の管理
レファ協以外のDBで管理しているものも、テキストファイルの形式で登録可能

4.データベースを活用し館外にアピール
登録データは検索エンジンでもヒットするので、アクセス数が増える
ホームページに組み込むことで利用者にレファレンスを身近に感じてもらえる
 (データ総登録数、年間登録数、年間アクセス件数のどれかが一定以上に達した場合御礼状がもらえるそうです)

研修の後半はワークショップで、実際に全国書誌データのリスト作成とレファレンス協同データベースへの登録を体験しました。

講義の中で触れられた「記録することの意味」が印象的でした。
記録とは「個人の体験」を「組織の情報」にすること。

記録することの意味
・スキルや役立つ情報の共有化(横の共有)
・レファレンス処理の迅速化(縦の共有)
・評価や組織運営のための基礎データ

誰が記録をすべきか?
・「今ここにいる自分」が必要な情報は自分の周りに
レファ協は必要な情報を貯める「貯金箱」
・自分達に役立つ情報は自分達で貯める

あなたがあなたのために記録を取ることが重要(それが他人のためにもなる)

どのように記録に残すか?
①紙で管理する
 ・誰でもとっつきやすい
 ・安い
 ・物の管理が大変 複製しにくい
 ・比較的、検索には不向き
②データベースを構築する
 ・記入(操作)には慣れが必要
 ・維持費がかかることが多い
 ・維持管理に技術が必要 複製しやすい
 ・比較的、検索しやすい

わたしの勤務校ではレファレンスの数は少なく、正式な記録は取っていません。
そのことがずっと気になっていましたので、この研修に参加しました。
今回の研修で、レファ協事業を理解すると共に、記録することの意味を正しく理解することもでき、その重要性を再認識することができました。
これからは形あるものを残していこうと思います。

レファ協事業に関する詳しいことは国立国会図書館ホームページの「レファレンス協同データベース事業」のウェブサイトから見ることができます。
参加方法や活用法、データ作成お役立ちツールなどが掲載されています。

レファ協事業に参加している学校図書館は少ないですが、検索・閲覧で利用している学校図書館は多いと思います。
レファ協には、登録したデータに情報を提供できるコメント機能や、参加間の交流のための掲示板などがあります。
参加してこれらをうまく使えば、学校図書館などのワンパーソンライブラリーにおける連携や相互支援に活用できそうだと感じました。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
訪問ありがとうございます。学校図書館や学校司書のことを多くの方に知ってほしいと思います。

全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会@国立国会図書館 関西館 その1「全国書誌データ」

先週、京都の公共図書館で司書をしている妹と一緒に参加してきました。

20150730004331e31.jpg

201507300043251e0.jpg



20150730004321626.jpg




全国書誌とは、国立国会図書館が収集整理した国内出版物の網羅的な書誌のことです。

 ・対象資料 法定納本制度に基づき納本された国内出版物
         寄贈、購入等により収集した国内出版物及び外国刊行日本語出版物

全国書誌データはNDL‐OPACまたは国立国会図書館サーチから入手できます。
 ・刊行された出版物がNDLに届いてから、おおむね4日後には新着書誌情報を提供
 ・平成26年度末現在のデータ件数
  (和図書約448万件、和雑誌約16万タイトル、和新聞約2万8千タイトル)
 ・利用法
  目録作成、選書、発注、文献リスト作成など

・実際の活用例
 A図書館:主に非流通系出版物についてのデータを登録加工し、OPACで公開
 B小学校:新規導入したシステムでデータを登録して目録を作成し、貸出に利用する
 C博物館:展示の関連文献リスト作成に書誌データ取得シートを利用する

講義の中で、講師の実演と共に書誌データのダウンロードとリストの作成をしました。
NDL‐OPACを検索し、書誌データをダウンロードしてリストを作ったり、書誌利用のためのツールでISBNを読み取り文献リストを作ったりと、日常業務の中で利用できる大変便利なものでした。
国会図書館サーチを利用した書誌利用のためのツール

全国書誌データの取り込み機能を実装している図書館システムが国立国会図書館HPで公開されています。
平成27年7月現在で28社の37システムが対応していますので、図書館システムの更新やシステム導入を検討されている図書館の方はご覧ください。

非営利であれば無料で書誌データをダウンロードできます!
国立国会図書館書誌データ対応システム一覧

国会図書館では、図書館システムの販売、開発会社などに、国会図書館書誌データ取り込み機能をシステムに実装してもらうように呼びかけているとのことでした。

わたしが勤める高校も来年度は図書館システム更新年なので、システム対応一覧を参考にしたいと思います!

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
訪問ありがとうございます。学校図書館や学校司書のことを多くの方に知ってほしいと思います。

ご案内

クロちゃん 2004年生まれ ♂

本日の残り時間

あなたとわたしの空模様

お客様

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ランキングに参加しています

学校図書館や司書の事を多くの方に知ってほしいと思います。

プロフィール

象を抱く人

Author:象を抱く人
高校図書館で司書をしています。

画像・記事の無断転載は
ご遠慮ください。
掲載している画像は掲載許諾済です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。