わたしからあなたへ~学校司書のよろず日記~

日々の事、本の紹介や学校図書館にまつわる事など、よろずの事を綴っています。

Category [お楽しみ ] 記事一覧

スポンサーサイト

没後99年 夏目漱石―漱石山房の日々@北九州市立文学館

来年は夏目漱石の没後100年、その翌年は生誕150年にあたります。この記念年にさきがけ、北九州市立文学館では夏目漱石の没後「99」年展が開催されています。この企画展では、数々の名作が生み出された「漱石山房」にスポットをあて、山房につどった若い人々との交流や、書斎で愛用した品々、自筆の書画、美しい装丁の著作などが展示されています。夏目漱石は、明治40年、早稲田南町に引っ越し、大正5年、49歳で「明暗」の執筆中に...

七福神めぐり

墨田の地に七福神が設けられたのは、江戸末期。本来の宗教的要素とは別に、遊戯的な親しさをもって庶民階級の間に広まったのが始まりだそうです。風流で機知に富んだ先人達は福を司る神々詣でを、一年の計である正月七草松の内に定め、七難即滅、七福即生、万世安楽を願ったということです。一か月遅れではありますが、歩いて3時間ほどかけて「隅田川七福神めぐり」をして来ました。(最後は足がパンパンでした)コースはこちら↓三...

ともだちや えほんギャラリー

10月25日から12月25日までの、月・金・土・日の週四日限定で、大牟田銀座通商店街にオープンした「ともだちやえほんギャラリー」に行ってきました。「ともだちやえほんギャラリー」は、空洞化した大牟田市中心街のにぎわいを取り戻そうと、大牟田商工会議所が2カ月間、大牟田銀座通商店街の空き店舗に開設しています。大牟田市出身の絵本作家、内田麟太郎さんの作品を中心に展示。イベントなども充実させ、若い親子を中心に街中へ...

日本国宝展「祈り、信じる力」

先週、上京して頑張っている卒業生と久しぶりに会って、一緒に「日本国宝展」に行ってきました。(在学中、彼女は図書委員で、わたしがすすめた本を沢山読んでくれました。今でも生活の中に読書があり、大きく羽ばたくために一歩ずつ歩を進めています。)平成では3回目となる東京国立博物館の「日本国宝展」です。今回の国宝展は「祈り、信じる力」というテーマで構成され、五つの章に分けて展示されていました。第一章「仏を信じ...

白蓮と伝右衛門が過ごした物語の舞台

「旧伊藤伝右衛門邸」に行ってきた。 朝ドラ「花子とアン」の影響で大盛況だった。 放送開始後、徐々に入館者が増え、多い日は2,500人ほどの観光客が訪れるそうだ。(放送前の10倍らしい) この日も九州各県からの観光バスを見かけた。 門をくぐると、飯塚観光案内人というボランティア?の方が数名待機されていて、1時間かけて邸内をガイドしてくださった。 最初の妻を失った伊藤伝右衛門は、1911年(明治44年)に伯爵柳原前光の...

ご案内

クロちゃん 2004年生まれ ♂

本日の残り時間

あなたとわたしの空模様

お客様

右サイドメニュー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています

学校図書館や司書の事を多くの方に知ってほしいと思います。

プロフィール

象を抱く人

Author:象を抱く人
高校図書館で司書をしています。

画像・記事の無断転載は
ご遠慮ください。
掲載している画像は掲載許諾済です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。