わたしからあなたへ~学校司書のよろず日記~

日々の事、本の紹介や学校図書館にまつわる事など、よろずの事を綴っています。

Archive [2014年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

エレファントカシマシCONCERT TOUR 2014

Zepp Fukuokaに行って来ました。中学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで文字通り老若男女が『エレファントカシマシ』を待っていました。押すでもなく、割り込むでもなく、みなさんお行儀良く整列し、その時を待つ。(世界に誇る日本人のマナー?)『soul rescue』で始まり、ここでもう、石くんは帽子を剥ぎ取られた!(早っ)「わりと有名な曲」と言って『悲しみの果て』(知らない人いませんから)『星の砂』では、石くんにも...

『武蔵野』 国木田独歩

朝晩の空気が冷やっとし、秋の気配を感じる。我が家の庭にも金木犀の香りが漂いはじめた。この季節になると、国木田独歩の『武蔵野』を手に取り、読み返す人は少なくないでしょう。遠く離れた場所に居てもそうなのだから、かの地に居住する人は尚更。この作品は、花子の言葉を借りれば、想像の翼を広げて、田園や雑木林だった東京を楽しむことができる短編。エレファントカシマシの宮本さんは自作の『武蔵野』でこう歌う。(この歌...

ビブリオバトルのお誘い

先週金曜日、読売新聞社から電話がありました。東京の本社から直々に何事?と思いきや、ビブリオバトルのお誘い。読売新聞社は出版関係業界と協力して、活字文化推進会議を発足させ、本や新聞などの活字文化を守り育てるため「21世紀活字文化プロジェクト」を展開中。全国各地でフォーラム、トークショーを開催するほか、大学での公開講座や読みきかせ教室など多彩な事業を計画しています。今回のお誘いは、『全国高等学校ビブリ...

高校生による読み聞かせ

図書委員会に読み聞かせボランティアを立ち上げたのは3年前。一昨年は1回、昨年は3回、近隣の小学校を訪問し、おはなし会をしました。今年度は、5回ある定期考査の最終日には必ず訪問したい。否、必ず訪問する。今日、秋のおはなし会のプログラムと読み手を決めました。実演は来月中旬。小学校の昼休みに行うので、20分程度のものになる。1年生は初めて読み聞かせをする生徒がほとんどですが、中には中学生の時に経験してい...

『伝説のエンドーくん』と『 悲しくてやりきれない 』

『 伝説のエンドーくん 』 ( まはら三桃/小学館 )  読了カーリルで開く市立緑山中学校内のいたる所で目にする落書き。それは、『伝説のエンドーくん』にまつわる言葉。2年生6クラスの担任が、各章でそれぞれ軸となりスーリーは展開していく。体育祭のクラス対抗リレーで優勝するために一人特訓させられる生徒。家族と別れ、世の中から愛というものを見失った学年主任。使用済み下着販売のアルバイトに興味を持つPTA会長の娘...

JPIC読書アドバイザー養成講座・スクーリング②

JPIC読書アドバイザー養成講座のスクーリングから帰って、一週間。東京疲れのせいか、体がだるく仕事が辛い週だった。2日間の集中講義はかなりハード。スクーリングの内容と感想はこちら↓① 受講者によるおすすめ本の3分間プレゼン   (100人の受講者が4回のスクーリングで順番に行う)② レポートの講評(永江朗氏)③ グループディスカッション(討議・発表・講評)    今回のテーマは『本と読書のイベントを企画...

教室で出会う鷗外~鷗外と仲良くする方法~

ふみのみやこ・文京区の鷗外旧居 『観潮楼』跡地にある『文京区立森鷗外記念館』に行って来ました。 夏休み企画として、9月7日まで開催されていた『 教室で出会う鷗外 鷗外と仲良くする方法 』展を見学。 この展示ではこれまで教科書に掲載された鷗外作品を、掲載数の多い順にランキングし、上位4作品を記念館ならではの展示品で、教科書とは違った角度から紹介していた。 鷗外教科書ランキング上位4作品は次の通り。(194...

赤羽 途中下車

トーハン桶川SCMセンター(書籍総合流通センター)に行く途中、赤羽で下車。東口を出て目的地“ LaLaガーデン 赤羽スズラン通り商店街 ”へ。純喫茶 Dear(デア)でランチ。なんと昭和チックなこと!中は薄暗く、年季の入ったソファーとテーブル。むかしむかし流行った、ゲームができるテーブルは確かにあった。喫煙OKの店内には常連客とおぼしき人達が吐き出す煙りが浮かんでいたが、今日だけはそんな事気にしてはいられない。空い...

9月の展示~夜空を見上げて~

『月の名前』 読了。カーリルで開く詩人・高橋順子さんと写真家・佐藤秀明さんの『 名前シリーズ 』第4弾。月は満ち欠けによる形はもちろん、四季や時、場所によっても様々な名前を持つ。本書では、佐藤さんが撮影した美しく幻想的な写真で楽しむことができます。同じ月でも呼び名が幾通りもあり、その名前の文字を、目で読み、声に出して音で聞くだけでも酔いしれてしまう。いにしえの時代から人々の暮らしと深く結び付き、畏敬...

白蓮と伝右衛門が過ごした物語の舞台

「旧伊藤伝右衛門邸」に行ってきた。 朝ドラ「花子とアン」の影響で大盛況だった。 放送開始後、徐々に入館者が増え、多い日は2,500人ほどの観光客が訪れるそうだ。(放送前の10倍らしい) この日も九州各県からの観光バスを見かけた。 門をくぐると、飯塚観光案内人というボランティア?の方が数名待機されていて、1時間かけて邸内をガイドしてくださった。 最初の妻を失った伊藤伝右衛門は、1911年(明治44年)に伯爵柳原前光の...

ご案内

クロちゃん 2004年生まれ ♂

本日の残り時間

あなたとわたしの空模様

お客様

右サイドメニュー

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ランキングに参加しています

学校図書館や司書の事を多くの方に知ってほしいと思います。

プロフィール

象を抱く人

Author:象を抱く人
高校図書館で司書をしています。

画像・記事の無断転載は
ご遠慮ください。
掲載している画像は掲載許諾済です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。