わたしからあなたへ~学校司書のよろず日記~

日々の事、本の紹介や学校図書館にまつわる事など、よろずの事を綴っています。

Archive [2014年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

大人にも子どもにも伝えたいお話 『ボタ山であそんだころ』 

『ボタ山であそんだころ』 石川えりこ さく・え(福音館書店)絵本作家でありイラストレーターの石川えりこさんの講演会に行って来ました。石川えりこさんが生まれ育った町には炭鉱があり、石炭は町の人々の生活を支えていました。この絵本の主人公えりちゃんは、作者自身で、昭和40年の福岡県嘉麻市(旧稲築町)の様子が描かれています。石炭は石や泥と一緒に掘り出されるため、余分な石や泥は「ボタ」と呼ばれ取り除かれます...

あこがれの『虫めづる姫君』

『おとなの教養 古典の女たち』 瀬戸内寂聴・著(光文社 智恵の森文庫)11月1日は「古典の日」で、今月は古典月間です!本書は、瀬戸内寂聴さんが選んだ、いにしえの女性10人と愛について解説したもので、古典文学入門書ともいえます。寂聴さんがレクチャーしてくれる女性と古典文学はこちら↓①愛人として生きた万葉歌人「額田の王(ぬかたのおきみ)」 『万葉集』②天皇とのショッキングな関係を綴った「後深草院二条(ごふかく...

子どもと本に関わる者として

今日から、全国の郵便局で、「ぐりとぐら」の切手が発売されました。アサイチで郵便局に行って、ゲットしてきました!愛らしいんです!ぐりとぐら!ぐりとぐらの切手を買った後、午前中年休を取って、斎藤惇夫さんの講演会に行って来ました。「近代絵本のはじまり」という演題で、子どもと本に関わる者に渇を入れられるような内容でした。斉藤惇夫さんの言葉は、仕事中もずっと頭の中を巡っていました。帰宅後、書架から大切な本を...

ともだちや えほんギャラリー

10月25日から12月25日までの、月・金・土・日の週四日限定で、大牟田銀座通商店街にオープンした「ともだちやえほんギャラリー」に行ってきました。「ともだちやえほんギャラリー」は、空洞化した大牟田市中心街のにぎわいを取り戻そうと、大牟田商工会議所が2カ月間、大牟田銀座通商店街の空き店舗に開設しています。大牟田市出身の絵本作家、内田麟太郎さんの作品を中心に展示。イベントなども充実させ、若い親子を中心に街中へ...

国立国会図書館 東京本館 見学ツアー

先日、国立国会図書館 東京本館を見学して来ました。国立国会図書館は、東京本館、関西館、国際子ども図書館の三つの施設が一体となって機能し、サービスを行っています。立法府である国会に属し、国会や行政・司法、国民にサービスが提供されます。(国会議員は専用の入り口がありました)国立国会図書館法で、国内で発行された全ての出版物を国立国会図書館に納入することが義務付けられています。この納本制度により、国内の出...

日本国宝展「祈り、信じる力」

先週、上京して頑張っている卒業生と久しぶりに会って、一緒に「日本国宝展」に行ってきました。(在学中、彼女は図書委員で、わたしがすすめた本を沢山読んでくれました。今でも生活の中に読書があり、大きく羽ばたくために一歩ずつ歩を進めています。)平成では3回目となる東京国立博物館の「日本国宝展」です。今回の国宝展は「祈り、信じる力」というテーマで構成され、五つの章に分けて展示されていました。第一章「仏を信じ...

『いのちの花 捨てられた犬と猫の魂を花に変えた私たちの物語』

『 いのちの花 捨てられた犬と猫の魂を花に変えた私たちの物語 』     向井愛実・著(WAVA出版) 2014年8月本書は著者が青森県立三本木農業高等学校の生徒だった頃に取り組んだ「いのちの花プロジェクト」の記録です。「いのちの花プロジェクト」とは、殺処分された犬や猫たちの骨を肥料として土に返し、花を咲かせ、命をつないでいくというものです。向井愛実さんは動物好きが高じて、2010年に農業高校の動物科学科...

緑の中の三角館~ 日比谷図書文化館~

千代田区立日比谷図書文化館は、東京都立日比谷図書館が千代田区へ移管され、区立四番町歴史民俗資料館と統合されて、2011(平成23)年11月4日に開館した施設です。旧都立日比谷図書館の歴史と伝統を引き継ぎながらも、従来型の図書館の枠にとらわれず、「図書館機能」・「ミュージアム機能」・「文化活動・文化交流機能」の各機能を運営コンセプトに「文化創造的ライブラリー」を目指しているそうです。また、郷土「千代田」の歴...

神田古本まつり

毎年この時期に開催されている、「神田古本まつり」に行って来ました。(今年は10月25日~11月3日)55回目を迎えるこの催事は神田古書店連盟による最大の年中行事です。書物に関する様々なイベントを通じ、多くの読書人に支持され、近年は東京名物として定着し、日本全国さらには海外からも多くの人々が神保町を訪れているそうです。    メイン イベントはこちら↓(古本まつりパンフレットから抜粋)◆青空掘り出し市一年に一度...

ご案内

クロちゃん 2004年生まれ ♂

本日の残り時間

あなたとわたしの空模様

お客様

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングに参加しています

学校図書館や司書の事を多くの方に知ってほしいと思います。

プロフィール

象を抱く人

Author:象を抱く人
高校図書館で司書をしています。

画像・記事の無断転載は
ご遠慮ください。
掲載している画像は掲載許諾済です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。