わたしからあなたへ~学校司書のよろず日記~

日々の事、本の紹介や学校図書館にまつわる事など、よろずの事を綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生による読み聞かせ

図書委員会に読み聞かせボランティアを立ち上げたのは3年前。一昨年は1回、昨年は3回、近隣の小学校を訪問し、おはなし会をしました。今年度は、5回ある定期考査の最終日には必ず訪問したい。否、必ず訪問する。

今日、秋のおはなし会のプログラムと読み手を決めました。実演は来月中旬。小学校の昼休みに行うので、20分程度のものになる。1年生は初めて読み聞かせをする生徒がほとんどですが、中には中学生の時に経験している生徒もいます。来週から練習開始。

わたしは、現在、高校の図書館で学校司書として勤務していますが、幸いなことに小・中学校での経験もあります。(珍しいかも!)
いつかまた戻るかもしれないので、いつも勉強に追われます...。
(欲ばりなので、つい、あれもこれもと求めてしまうから)

そんなわたしの色んなムチャぶりに生徒たちがついて来てくれることがありがたい。

最初はわたしに言われて仕方なくやっていた読み聞かせですが、小学生の前で実演し、体感した『あの感じ...』を味わうと生徒達はやめられなくなるのです。
そういう高校生の姿を見て、わたしがやめられなくなる...。
子どもたちの前で絵本を読む生徒の姿は本当に感動します。
読み聞かせをやって、体感する『あの感じ...』は自分自身、長年味わっていましたが、別の楽しみと喜びを知ってしまった。
(絵本の力はやっぱり凄い!)

図書委員会の活動は週に3日、放課後1時間程度。時間があるようで、実はない...。
声の出し方や間の取り方、絵本のさばき方などは、教えるとどんどん上手になっていくけれど...。
いつも彼らを悩ませることがある。
子どもとどう接していいのか分からないらしい...。
まさに今、問われているコミュニケーション能力?
こればっかりは教えてできるものではないというのが実感。
わたしの方が悩んでしまう。経験の中で身につけていくしかないのか!?

生徒達は小学生にしてあげていると思っているだろうけれど、実は自分たちの方がしてもらっている

してもらったものの大きさに気づくのは、彼らが大人になってからかもしれない...。

秋のおはなし会プログラムはこちら↓

『ばけばけはっぱ』 写真・文:ふじもとともひこ/ハッピーオウル社

『もりいちばんのおともだち』 作・絵:ふくざわゆみこ/福音館書店

『ぼくのおべんとう』  作・絵:スギヤマ カナヨ/アリス館
『わたしのおべんとう』 作・絵:スギヤマ カナヨ/アリス館


にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

クロちゃん 2004年生まれ ♂

本日の残り時間

あなたとわたしの空模様

お客様

右サイドメニュー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています

学校図書館や司書の事を多くの方に知ってほしいと思います。

プロフィール

象を抱く人

Author:象を抱く人
高校図書館で司書をしています。

画像・記事の無断転載は
ご遠慮ください。
掲載している画像は掲載許諾済です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。