わたしからあなたへ~学校司書のよろず日記~

日々の事、本の紹介や学校図書館にまつわる事など、よろずの事を綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会@国立国会図書館 関西館 その2「レファレンス協同データベース」

焼けつくような陽ざしの中で、涼しげに佇む国立国会図書館関西館。

20150730004319d26.jpg

「れはっち」でお馴染みの「レファ協」についての研修でした。

日常業務での検索・閲覧でお世話になっています。

レファ協データベース事業とは、事業に参加している図書館等が日々行っているレファレンスの記録や情報の調べ方などを登録し、インターネットを通じてデータベースとして提供する取り組みです。
図書館におけるサービスの向上に役立てるとともに、利用者の調査研究活動を支援することを目的としています。

事業への参加及びデータベースの検索・閲覧は無償。
日常生活でふと感じた疑問からビジネスや調査研究に関する専門的なものまで、幅広いデータを利用することができます。

平成27年7月7日現在の参加館は666館。
内訳はこちら↓
・公共図書館401館
・大学図書館175館
・学校図書館18館
国立国会図書館12館(支部図書館を含む)
・専門図書館54館
・アーカイブズ機関6館

レファ協事業の参加館になるメリット
1.全国の図書館の事例が見られる
データの種類
①レファレンス事例(参加館で行われたレファレンスサービスの記録)
②調べ方マニュアル(特定のテーマやトピックに関する情報源の探し方)
③特別コレクション(個人文庫などのコレクション情報)
④参加館プロファイル(参加館の連絡先やサービス内容)

2.自己研鑽や研修に使える
質問と回答だけでなく、どんなふうに調べたかも入力されている
レファレンスの研修や授業の演習など様々な場面に利用できる研修環境がある

3.自館用のデータベースとして活用
公開範囲を自館のみにしてレファレンス情報の管理
レファ協以外のDBで管理しているものも、テキストファイルの形式で登録可能

4.データベースを活用し館外にアピール
登録データは検索エンジンでもヒットするので、アクセス数が増える
ホームページに組み込むことで利用者にレファレンスを身近に感じてもらえる
 (データ総登録数、年間登録数、年間アクセス件数のどれかが一定以上に達した場合御礼状がもらえるそうです)

研修の後半はワークショップで、実際に全国書誌データのリスト作成とレファレンス協同データベースへの登録を体験しました。

講義の中で触れられた「記録することの意味」が印象的でした。
記録とは「個人の体験」を「組織の情報」にすること。

記録することの意味
・スキルや役立つ情報の共有化(横の共有)
・レファレンス処理の迅速化(縦の共有)
・評価や組織運営のための基礎データ

誰が記録をすべきか?
・「今ここにいる自分」が必要な情報は自分の周りに
レファ協は必要な情報を貯める「貯金箱」
・自分達に役立つ情報は自分達で貯める

あなたがあなたのために記録を取ることが重要(それが他人のためにもなる)

どのように記録に残すか?
①紙で管理する
 ・誰でもとっつきやすい
 ・安い
 ・物の管理が大変 複製しにくい
 ・比較的、検索には不向き
②データベースを構築する
 ・記入(操作)には慣れが必要
 ・維持費がかかることが多い
 ・維持管理に技術が必要 複製しやすい
 ・比較的、検索しやすい

わたしの勤務校ではレファレンスの数は少なく、正式な記録は取っていません。
そのことがずっと気になっていましたので、この研修に参加しました。
今回の研修で、レファ協事業を理解すると共に、記録することの意味を正しく理解することもでき、その重要性を再認識することができました。
これからは形あるものを残していこうと思います。

レファ協事業に関する詳しいことは国立国会図書館ホームページの「レファレンス協同データベース事業」のウェブサイトから見ることができます。
参加方法や活用法、データ作成お役立ちツールなどが掲載されています。

レファ協事業に参加している学校図書館は少ないですが、検索・閲覧で利用している学校図書館は多いと思います。
レファ協には、登録したデータに情報を提供できるコメント機能や、参加間の交流のための掲示板などがあります。
参加してこれらをうまく使えば、学校図書館などのワンパーソンライブラリーにおける連携や相互支援に活用できそうだと感じました。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
訪問ありがとうございます。学校図書館や学校司書のことを多くの方に知ってほしいと思います。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

クロちゃん 2004年生まれ ♂

本日の残り時間

あなたとわたしの空模様

お客様

右サイドメニュー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングに参加しています

学校図書館や司書の事を多くの方に知ってほしいと思います。

プロフィール

象を抱く人

Author:象を抱く人
高校図書館で司書をしています。

画像・記事の無断転載は
ご遠慮ください。
掲載している画像は掲載許諾済です。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。